失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

Home > ソーシャルレンディングとは > 購入型のソーシャルレンディング

購入型のソーシャルレンディング

特定の商品を作ることを目的にしたソーシャルレンディングがあります。
これを購入型と呼びます。
融資ではあるのですが、その見返りが作られる商品、提供できるようになったサービス、となるわけです。
購入型のよいところはその企業、事業を応援できることにあります。
儲かるというよりはその商品が世に出ることにメリットを見出すことができる場合に投資をする、となるでしょう。
ソーシャルレンディングといっても色々とタイプがありますから、何も金銭のみがリターンではない、とは理解しておいたほうがよいでしょう。
新しいタイプの金融サービスなわけですが、小さい事業や或いはほぼ慈善事業のようなことに対しての資金提供もできるのは魅力といえるでしょう。
しかし、どの場合でも資金提供、つまりは金融行為の仲介をしているわけですから、業者自体は必ず金融業の許可が必要になります。



低金利で借り入れできるソーシャルレンディング

お金を借りたい人と貸したい人をマッチングするサービスとして注目されているソーシャルレンディングですが、消費者金融よりも低金利で借り入れできるメリットがあります。
またお金を貸す側も割の良い投資として人気なので、双方にメリットがあり今後更に広まっていくことは間違いありません。
ソーシャルレンディングの情報を詳しく知りたい方は、インターネット上にわかりやすくまとめたサイトが登場していますので、暇な時間を見つけて情報収集を行ってください。
借り入れの条件を提示して相手が納得してくれないとお金を借りることができない点は面倒ですが、消費者金融も申込みの際に審査があるので、まだ利用したことが無ければ一度体験してみるのがオススメです。
現在は大手の銀行などが仲介の役割を担っていますので、まずは銀行のサイトで詳しい申込みの流れを確認して、その上で手続きを進めてください。



ソーシャルレンディングは資産運用に最適です

お金を借りたい個人や企業と投資家を繋ぐソーシャルレンディングと呼ばれるサービスが注目されています。
銀行などが仲介を行っていますので、まずはどんなサービスなのか銀行のホームページにアクセスして詳細を確認してください。
投資家にとっては利回りの良いファンドとして資産運用に活用できるため、リスクをしっかり把握した上で参入するのが最適です。
借りる側も低金利で借り入れが可能なため、消費者金融よりもメリットが大きく、双方にデメリットは特にありません。
もちろん貸し倒れになって元金が戻ってこない可能性はありますが、相手も条件を提示して借り入れの申込みを行っているので、しっかりと約束を守って返済するケースが多く、大きなトラブルに発展するケースは極めて稀です。
株やFXよりも安全に資産が増やせるので、まずは余剰資金で実際に運用してみて結果が出た段階で継続するかどうか判断してください。

次の記事へ