失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

Home > ソーシャルレンディングとは > 短期的な運用が可能なソーシャルレンディング

短期的な運用が可能なソーシャルレンディング

投資商品を選ぶ基準の1つは、短期利用が可能か否かです。
なぜなら投資対象によっては、長期での運用が前提になる事もあるからです。
株式投資などは、代表例と言えます。
株は短期での売買というより、むしろ長期的に渡って保有し続ける事になるからです。
また投資信託なども、長期的な運用が前提になる事も多く、短期で解約をすると手数料が徴収されてしまう事もあります。
ところがソーシャルレンディングという手段の場合は、話は大きく異なります。
その運用商品の場合は、短期的でも全く問題ありません。
現にソーシャルレンディングを活用する方々は、とりあえず半年前後で運用している事も多いです。
長期的にお金を預け続けるとなると、投資の初心者の方々としては、ハードルの高さを感じてしまう事もあります。
それに対して短期的かつ気軽に始められるのが、ソーシャルレンディングのメリットと言えます。



ネット上で取引するソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは、高いリターンが欲しい投資家と、会社のための資金がすぐに欲しい事業者との間を繋ぐサービスです。
インターネット上に作られたサイト上で投資案件として提示し、出資者を募る仕組みが提供されています。
特徴のひとつに少額で投資できる点を挙げることができます。
しかも、高い利率の配当が期待できることから、小口の個人投資家から熱い期待がよせられています。
実際のところ、破格のキャンペーンやキャシュバックなども相まって、短期間に多くの口座開設数を獲得したサービス提供会社もあり、今後も右肩上がりの成長が期待できます。
ただし、元本が保証されない投資であるために、少額の資金とはいえ、リスクにさらされることになります。
管理会社によっては、貸し倒れリスクなどに備えるために、投資案件に担保を設定している場合もあり、より安全に投資ができる配慮がなされています。



ソーシャルレンディングは案件に設定される担保とは

ソーシャルレンディングを利用した融資先となる事業者について、その詳細を知ることができません。
どの案件が貸し倒れの可能性が高いかを判断しにくいといったデメリットがあります。
貸金業法の規定によって、匿名契約とする必要があるからです。
貸し倒れによって、資金が回収できなくなる事態を想定して、投資案件に担保を設定しています。
また、ソーシャルレンディングのサービス提供会社が、各投資案件に設定する担保には、様々なものがあります。
融資先となる事業者の詳細を知ることができず、どの案件が貸し倒れの可能性が高いを判断しにくいといったデメリットがあります。
貸金業法の規定によって、匿名契約とする必要があるからです。
不動産などの固定資産を担保設定しているものは、安心材料とすることができます。
利率が高く毎月、配当を安定して受け取ることができるのは大きなメリットです。

次の記事へ