失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

Home > ソーシャルレンディングとは > ソーシャルレンディングは高利率とリスク対応が重要

ソーシャルレンディングは高利率とリスク対応が重要

ソーシャルレンディングは、少ない資金で投資ができ高利率の配当を受けることができる投資です。
タイムリーな融資を条件にして、出資者にとって有利な利率で貸付を行なうファンドに参加することができます。
ソーシャルレンディング管理会社が提供するサイトを通じて募集されますので、投資家自らの判断で参加するファンドを選ぶことが可能です。
個人の投資家がローリスクミドルリターンの魅力ある投資商品に、比較的気軽に参加できる点が評価されています。
融資を受ける側にも、新規事業の場合、借りたいときに借りることができるシステムは利用価値があると言えます。
高利率の配当が魅了であるソーシャルレンディングですが、元本保証されないという点は忘れてはいけません。
そのため、ファンドには万が一の事態に対処するために、担保設定されているものがあります。



ソーシャルレンディングは金融業

今、流行っている金融サービスとしてソーシャルレンディングというのがあります。
これは借り手と貸し手を非常に効率的に結びつけることができるのでこれからますます期待されている金融システムなのですが、あくまで金融業であるのは確かです。
直接的に近い形で結び付けてくれるのですが、仲介する業者は当然存在しています。
そして日本においては貸金業法2条1項が適用されることになります。
つまりは、金銭の貸借の媒介で業をしている、となりますから、貸金業としての登録をしていることが必須条件になっています。
ソーシャルレンディングの業者を見るときにはまずはそこから確認するとよいでしょう。
キチンと正規の許可を得ているところであるのか、というのを調べることは当然のことであり、トラブルが起きないようにするためには重要なことになります。



ソーシャルレンディングの市場規模

お金の借方、貸方も多様化しています。
新しいタイプの金融として確実に市場が大きくなっているのがソーシャルレンディング市場です。
2016年で400億円程度の規模になっており、前年度比で130%成長となっています。
今後も極端に大きい成長率が続くのか、というのはなかなか判断ができないことでしょうが微増は確実に行われるだろうと考えられています。
まず、銀行などの金融機関など以外の資金調達方法としてとても重宝されているからです。
大企業向けとはいい難いですが、中小零細企業などは評価してもらうことができる事業であればかなり素早く融資を受けられることもあり、かなり人気が出ています。
銀行などから借りるよりも高金利になってしまうわけですが融資決断までのスピードが金融機関の比ではありませんから、事業計画にプラスとなっているのは間違いないことでしょう。

次の記事へ