失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

Home > ソーシャルレンディングとは > ソーシャルレンディングは支援にも使える

ソーシャルレンディングは支援にも使える

金融、つまりはお金を融通することには色々と理由がありますが、その最大の目的は儲けることです。
利益になるからこそ、貸すわけです。
融資をするのは大半が金利のためであるといえます。
ソーシャルレンディングではそれは確かではありますが、特定の企業や個人を支援することも目的になったりします。
自分が応援したいと思える事業にマネーを供給することによって、実現の手助けをしたりすることができます。
構想はある、見込みもあるが資金がない、という事業の手伝いができるわけです。
日本でもそうしたタイプのソーシャルレンディングがとても増えています。
もちろん、利益が先行する案件もありますのでとにかく儲けるための投資案件もあるわけです。
ソーシャルレンディングが期待されているのは中小零細企業の資金調達法としてでもあります。
技術力が高い企業などが支援を受けやすいからです。



ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングは、お金を借りたい企業と、お金を貸して利益を得たい投資家をつなぐサービスであると言えます。
継続的に企業に対して融資を行い、利益を得るという行為は、貸金業にあたるので、貸金業者としての登録をしなければなりません。
そのため、個人の投資家が企業にお金を貸したい場合でも、そのためには貸金業登録をしなければならず、手間とコストがかかりました。
ソーシャルレンディングでは、仲介をする業者が貸金業者として営業をするための許可を受けているので、その問題が解決しています。
企業は仲介業者を通してお金を借りて、投資家は仲介業者にお金を集めることで、目的を果たすことができます。
仲介業者に対して手数料が支払われますが、それでも金利は5.0%~8.0%くらいと高めになっており、定期預金で資産運用をするよりも大きな利益を出すことができます。



ソーシャルレンディングを仲介しているところ

新しい金融のサービスとしてソーシャルレンディングがあります。
金融とはお金を融通することであり、融資をしたい人と融資をされたい人をインターネット上で結びつけることができるサービスです。
利率が高いことが特徴でもあり、貸し手としてはそこが有難い部分になります。
これは借り手から見れば高目の金利になるわけですが、こうしたサービスでお金を借りようとする場合は銀行に相手にされないとか早く融資が欲しいなどの場合が多く、そこは借り手にとってのメリットといえるでしょう。
さて、当然ですが本当にダイレクトな結びつきが借り手と貸し手にあるわけではなく、サービスとして仲介している業者があります。
これは金融業としての許認可が必要であり、一般的にソーシャルレンディング運営会社などと呼ばれています。
年々、数が増えており、ソーシャルレンディング市場の規模が大きくなっていることの証左といえるでしょう。

次の記事へ