失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

Home > ソーシャルレンディングとは > ソーシャルレンディングの金融システム

ソーシャルレンディングの金融システム

 銀行のようにお金の貸し手と借り手の間に仲介業者が入る仕組みを間接金融といいます。銀行に預けたお金は、どのように貸し出されて、どのように世の中に活かされているのかはわかりません。また、預けたお金は必ず貸し付けに回るとは限らず、国債や債券などで運用されることもあるというのが実情です。
これに対して、株や債券など投資家と企業がダイレクトにつながる仕組みを直接金融といいます。もっとも直接金融といいつつも、株や債券の取引は市場で行われるため、さまざまな要因により価格や配当は変動し、投資家は手探りで投資していくことになります。
一方で、ソーシャルレンディングは、実際に投資家から運用会社がお金を預かり、借り手にお金を貸し付けるのは運用会社ですから、形としては間接金融の様ですが、お金の流れ自体は投資家のお金がダイレクトに借り手に流れるので直接金融でもあるということです。また、市場に通さず流れるので、最初に決められた期間と金利、配当利回りは変更されることはありません。


ソーシャルレンディングの募集形式

 投資家から資金を募集する場合、二つの形式があり、一つは株式や債券などのように投資対象が明確に特定される形式です。一方で投資信託などのファンドでは間にファンドマネージャーが入り、投資家から集めた資金をファンドマネージャーの采配で運用・管理しその運用実績に応じて投資家に収益を分配する、つまり投資家側では投資先を特定できない形式です。ソーシャルレンディングでも、投資家に特定の借り手側の見える募集形式と、借り手側の顔が見えず、運用利回りや期間などの経済条件のみで募集を行う二つの形式に分かれます。
また、この形式に応じて運用会社のウェブ上での応募形式や情報開示の内容も大きく異なってきます。個別に借り手の顔が見える方式を行っているのは日本では少なく、基本的にはファンド形式です。ただし、募集条件については、ファンドごとに明示されており、自分の許容できるリスクや希望の経済条件にマッチするファンドに対して投資できるよう設計されています。


ソーシャルレンディングで預けたお金は安全か

 ソーシャルレンディングという新しい手法の投資に目を付けて、運用会社に登録したもののいざ投資するとなるとやっぱり不安という投資家も多いのも事実です。個人対象の場合はもとより、事業主対象でも普通に考えればリスクはゼロではないわけです。
また、日本での歴史はまだまだ浅いため運営会社が大丈夫なのかという心配もあります。そのため、安全性の判断基準となる情報自体が少ないのが現状です。基本的にどの運営会社も投資家には損をさせない、毎月決まったリターンを分配するようになっています。そのためには、まず商品自体の安全性を確保することが行われています。借り手への審査を一件ずつ手作業で徹底的に行い、必要に応じて担保や売上代金を抑える仕組みが設定されていることもあるほどです。
また、投資家のお金を保全する運営体制となっており、運営会社の固有資産とは明確に分けた形で管理されています。もちろん、運営会社自体が黒字経営であることは当然のことです。

次の記事へ