失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

Home > ソーシャルレンディングとは > ソーシャルレンディングの確定申告のやり方とは

ソーシャルレンディングの確定申告のやり方とは

ソーシャルレンディングで収益を得たら、確定申告をして納税の準備をする必要があります。
株式投資その他の投資とは異なる場合がありますので注意が必要です。
ソーシャルレンディングの場合は、総合課税となりますので、本業で得た収益を合算して税額を計算する必要があります。
しかし、昨今の管理会社が源泉徴収をするのが一般的です。
サラリーマンであるときは、年末調整によって還付されることになります。
個人事業の場合は、事業所得として認められる事で、最大65万円まで控除対象となる可能性はありますが、認められるためのハードルは高くなります。
一般的は、個人事業主がソーシャルレンディングで収益を得た場合は、雑所得として扱われることになります。
まれに源泉徴収されていないケースがありますので、一度管理会社に源泉徴収の有無を確認しておくと良いでしょう。



ソーシャルレンディングの税金を考察します

ソーシャルレンディングで配当を受けた場合、年間の所得が20万円を超えた場合は確定申告の対象となりますが、サービス提供が源泉徴収をしている場合は、事前に税金が天引きされていることになります。
この場合は、経費を計上して確定申告することで、払いすぎた税金を取り戻すことができる場合があります。
株式(譲渡所得)やFX(雑所得)とも違った取扱いとなり、総合課税となりますので注意してください。
全ての投資の損益を合算して、申告することができませんので、それぞれ別に計算する必要があります。
得た収益がすでに源泉徴収済みなのか否かについては、管理会社に確認しておくことを推奨します。
経費に含めて良いものとそうでないものを区別するのが難しい場合は、納税についての知見を持つ専門家に相談するか、無料相談コーナーなどを利用しても良いでしょう。



気軽に始められると言われるソーシャルレンディング

インターネットの普及によって投資の方法も様々な変化を見せています。
その中で最近注目されているのがソーシャルレンディングと呼ばれる金融商品です。
これは、事業資金などでお金を借りたい人と貸したい人をインターネットを通じて結びつけるサービスです。
運営会社は様々な案件を提示して資金を募ります。
この投資を行いたい場合には、ソーシャルレンディングの運営会社に登録をして口座を作る必要があります。
そして参加したい案件を探して投資を行うという形になっています。
投資する金額は運営会社によって異なりますが、最低額が1万円から可能となっているところもあり、比較的気軽に始められる投資方法と言うことができるようです。
対象となる案件は不動産などが多く、これも運営会社によってそれぞれに特徴があるようです。
投資にリスクはつきものだと言われていますが、このソーシャルレンディングも貸し倒れのリスクの可能性は否定できません。
そのことはしっかりと把握しておく必要はあるでしょう。

次の記事へ