面接でしっかり働いてくれそうなパートを採用する方法

主婦などで子供がこども園や学校に登園や登校している間の限られた時間にパートとして勤務することはよくあることです。少しでも家計の助けにということでしょう。パートを採用する際には仕事内容はもちろんですが、限られた時間で勤務となるとやはり、勤務時間です。次に時間給になるかと思います。また、扶養家族範囲内での給与支給を考えなければなりません。それに、家庭や子供を優先に考えてあげることです。しかし、企業となるといくらパートと言っても難しい事だと思います。パートで採用する一番の職種は開店前の商品出しや店頭でのレジが多いかと思います。営業などは顧客との時間が長引いてしまい効果的ではないでしょう。パートで応募しているのであれば仕事内容も比較的、簡単な作業や業務にするとよいでしょう。

パートを採用する際に有効的な方法を紹介します

パートとして働きたい方は多くみえるでしょう。子供が登園、登校している時間帯や、定年で退職された方が次の職場として働く方など様々です。前者の方が仕事内容はもちろんですが、まずは勤務時間を一番に優先するのではないでしょうか。そのような場合の職種はレジ打ちや商品の店頭出しなど、比較的短時間で仕事が覚えられるような職種が効果的です。また後者のような方でしたら、以前勤めていた職種と同業者や似た職種であれば経験を生かし、直ぐにでも仕事に取り掛かれるのではないでしょうか。技術的な職種や経理・事務などは有効的でしょう。技術的な職種は多忙期などの採用も可能でしょう。経理や事務は常に一日仕事があるとは限りませんので、午前中のみなど短時間で採用するようにしてみてはいかがでしょうか。常に現金・預金の動きがあるわけではありませんから。職種によって募集・採用の時間帯の取り決めを変える事が有効なのではないでしょうか。

パートの面接でしっかり働いてくれる人を見極める

パートでの採用と言っても誰でも良いわけがありません。面接でしっかり見極めることが大切です。特に若年層にある暇つぶしやちょっとした小遣い稼ぎなどの目的で面接にくるような場合はしっかりと話を聞いたり、顔の表情をみましょう。すぐ飽きたり、合わないからと短期間で辞められては困ります。また、短期間での転職が多いなどはなにかしらの理由があると思います。転職した理由などもしっかり聞くことです。面接時に質問されたことに対してしっかり受け答え出来ているか、相手の顔をしっかり見ているか、身嗜みはきっちりしているかなど採用する企業にとって重要な項目は沢山あります。いくら技術が専門でも挨拶はしっかりできなくてはいけません。そのように職種によってもそうですが、当たり前の事がきちんと出来るかをしっかり確認しましょう。