実際のパート採用時の成功例と失敗例のまとめ

採用担当の方がパートの採用を決める際には、どういった点にポイントを絞るとよいでしょうか。パートというと主婦が多いですが、その主婦の中でも子どもに手がかかる方、子供が自立してきた方、子供をもたない方、子供が既に独立している方などがいます。それぞれの立場によって働き方が異なる為、採用を考えるのであれば、具体的なイメージを持ってどういった方を募集しているのかを明確にしておく必要があります。人を採用するにあたり、給与の1.5倍はコストがかかると言われています。安易に採用してしまうとすぐにやめてしまうといったリスクにもつながりかねません。採用を成功させるには職場に違和感なくなじめる人か、最低限の能力やマナーを持ちあわせているかといった点を見ていくとよいでしょう。応募者の人柄を知る事が出来る面接が成功のカギです。

パート採用の悩み、なかなか人が集まらない

採用担当の方が、パートを募集していてもなかなか人が集まらないといった悩みは多く聞かれます。それは募集広告に魅力が感じられない、ターゲットに合った打ち出しになっていないといったことが考えられます。魅力ある募集広告内容にするには、仕事の内容をよりわかりやすく、環境をイメージしやすいようまとめるのがポイントです。堅苦しい内容ではなかなか人は集まりません。募集内容をターゲットに合わせ、時にフランクに、年代や経験の有無も明確にすることが大切です。求人広告のちょっとした工夫で大幅に応募人数が増え、より条件に合った採用がしやすくなります。職場の雰囲気が見えるような、一緒に働きたいと思えるような気持ちを盛り上げる一言があればなお効果的です。またターゲットに合わせた募集媒体を利用することも重要です。

パートの採用を考えるなら、これだけは気を付けたい

パートの求人広告に応募が何件かあっても事前に面接をキャンセルされてしまったり、ドタキャンされたりといったことも少なくありません。これは求職者への対応の遅れが原因と言えます。求職者はすぐに働きたいかもしれません。またいくつかに並行して応募しているかもしれません。こういった状況も踏まえ、応募に対しできるだけ早い段階で返答をし、面接日程を調整することが大切です。また採用を決定した時点で辞退されてしまうことも少なくありません。面接での対応は、とにかく高圧的な態度をとらず、どんな相手に対しても同じ態度で接することが大切です。面接の内容についてもプライベートな部分には切り込まず応募者自身の情報を聞き出すようにしましょう。採用を決めたら、心変わりがないよういち早い連絡をしましょう。