パート要員としては採用してはいけない人材を見極める方法

人員不足の為、パート・アルバイトの雇用を積極的におこなっている企業も多いことでしょう。企業における働き手の不足はどこも同じで、雇用条件をどれだけ待遇の良いものにしても、なかなか良い人材の確保が出来にくくなってきているのが現状のようです。「高い時給」や「休日が多い」などの謳い文句だけでは良い人材の確保も難しくなってきています。限られたエントリー数の中からパートを採用する場合、長期で働いてくれる人や作業能力の高い人を選びたいと思うのはどの企業も同じです。自社にとってできるだけ有益である人材を獲得するためには、やはり人事担当との面接時間が重要となってきます。身だしなみや言葉使いの語尾は単純な動作ですが隠せない個性が出やすい所です。はっきりとした受け答えができているエントリー者であっても、何らかの違和感を覚えた場合は縁がないというサインです。

パート要員として採用したい年齢層やスキルが明確にある場合の募集方法

より自社にマッチした人材を確保する方法のひとつとして、人材派遣会社を通じて採用をおこなう方法があります。ハローワークに登録する方法と違い手数料が発生しますが、あらかじめ人材派遣会社で登録者の経歴やスキル等が確認されていますので、依頼する際、こちらの望む人材を派遣してもらえる場合もあります。正社員の採用と違い、パートを雇用する理由は様々ですが、勤務時間の体系を構築しやすいので、無駄のない人員配置や繁忙時間帯の要員補充に適した人材を迎え入れたいと考えるのは当たり前のことです。自社でパート募集をかけても、なかなか希望するだけのエントリー数に達しなかったり採用に至らなかったりと、時間と手間が掛かりすぎると感じるのであれば、人材派遣会社を利用してみてはいかがでしょう。

若年層のパート採用ならSNSや学校の掲示板なども利用価値がある

パート採用したい要員の数が多大な場合や若年層のパート要員が必要な場合、情報拡散に関してフットワークのよいSNSや学校の掲示板を活用する方法もあります。短期雇用や期間限定の雇用などの募集に向いています。単調な募集方法になりがちな求人募集ですが、雇用期間やパートに求めるスキル、希望する年齢層によって募集方法を変えるのは都度窓口を変更する煩わしさがありますが、求めている人材を採用できる可能性が広がります。またSNSから受け取ることのできるエントリー者の趣味等の情報も、パート採用を検討する材料になります。より良い人材の確保は、正社員に限らずパート・アルバイトすべてのスタッフに係る条件です。業務遂行が円滑に進められるよう、人手不足だからといって妥協せずに採用面接をおこなうことも大事です。焦って頭数を埋めるような採用の仕方では、逆に退職者が続きパート募集をいつまでたってもやめられなくなります。