おススメのパート採用を見極める簡単なチェックリスト

求人情報などを見て、「パート」と「アルバイト」の違いについて疑問に思ったことある方いるのではないのでしょう。一般的に皆さんが思っているのが、パートは主婦などが日中に働くこと、アルバイトは学生が夕方から夜にかけて働くことと思われていると思います。しかし求人情報を見てみると夜でもパートとして働いていて明確な線引きができる決まりはないのです。会社によってその分類方法が変わり、短期雇用はアルバイト、長期雇用はパートなど会社独自で区別している所がほとんどなので、求人を見る際にはパートやアルバイトという雇用形態にとらわれず、勤務時間や雇用期間などをきちんと見るようにして、探してみましょう。福利厚生も確かめて自分の望んでいる会社かを見極め、採用のチャンスを逃さないようにしましょう。

パートを採用するメリットやデメリット

正社員だけではなくパート雇用を必要とする理由は会社側の視点から見ていきましょう。販売業を例にあげてみると、正社員は勤務時間が固定される為、暇時間帯や混み合う時間帯に関係なく一定の労働時間が発生します。パート雇用となると一日の混み合う時間帯だけに人数を増やすことのできるシフトを形成しやすくスーパーマーケットなどではパートの採用が欠かせないものとなっています。パートやアルバイトなど短時間従業員は主婦層や学生などが多く、家庭の事情や学校行事の関係から遅刻や欠勤などのリスクも多いので企業側はこのようなデメリットも考慮した上でパートの採用人数を決めているのでしょう。働くことが初めてという学生や主婦層の方々に、責任感ややりがいを持ってもらえるように企業は教育もしっかりやらなければなりません。

パートを雇用する時に確認しておくこと

パートを採用する前に面接の時点で何点か確認しておきたいことがあります。主婦層と幅広くいっても家庭環境によって働く上で不安に思っていることは違います。大きな要因は子供がいるかいないかで大きく変わってきます。まだ未就学の子供がいる場合は突然の病気などに欠勤する場合が多い為、時間や休みに融通がきくのかが一番不安に感じる所のようです。また、子供がいない家庭でも今後の予定があるかなどを聞くようにして長期的に働いてもらえるのかを確認しておきましょう。子供に手がかからなくなった方々は、自分の体力が持つのかとかブランクが長すぎたために世間の常識についていけるのかなど不安に思っていることが多いです。企業側は採用するまえに容易に「大丈夫です」というのではなく、きちんと不安を聞いて解決しなくては採用してからすぐ退職されてしまうなど長期雇用にはつながりません。