パートの採用にはどのような要点を抑えればいいのか説明します

主婦のパートを採用する時に注意しておく必要があるのが、子供の有無についてです。小学3年以下の子供がいる家庭では子供に手がかかる事が多く、小学4年以上の子供の家庭では子供が手離れしつつある事が多いです。子供が小学3年以下の場合、体調を崩す事が多く、実家など近くで両親が見てくれる場合は良いのですが、預け先が無い場合は採用してもらえる事が極端に減ります。こういった場合に備え、応募前や面接前には病院育児やファミリーサポートなどの預け先を見つける事が必要です。また、労働時間についても多少の残業の調整はできる事を企業側に伝えると好印象にはなります。保育園や幼稚園などのお迎えで、この時間には在宅しておきたいという場合は、必ず企業側へ伝える事が大切です。小さな事ですが、これらがトラブル回避に繋がります。

パートの採用をする時の面接で注意したい事とは

主婦のパートの採用を考えた時に大切な事は、本人が働きに出る事を家族が了承しているかという事です。本人は働きたいと思っていてもご主人が反対してしまう事もあり、採用後すぐに辞めてしまう事もあります。労働条件など事前に家族と話し合った上で、面接などを受ける事が大切です。一般職であれば土曜や日曜が休みとなる企業が多いのですが、サービス業や接客業の場合は土曜や日曜の方が平日よりも多忙となり、出勤可能かを質問される事もあります。子供が小さいご家庭で預け先が無い場合は、ご主人に子供を見てもらうなど、ご主人との相談が必要になってきます。また、残業についても同様で、子供が小さければ保育園や幼稚園のお迎えの時間がありますし、小学生の子供であっても何時間も一人で在宅させておく事もできません。企業側には正直に話をすると共に事前に伝えてもらえれば対応できる等の返答をすると好印象となります。

主婦がパートの採用となる時に注目している職種とは

主婦がパートの採用となる時、子供が独立したり、子供を持たなかった40代以降の主婦の方では、事務やデスクワークといった職業が人気で、パソコンが使えれば仕事としてやっていける事と土曜や日曜の休みが多く家族との時間を大切にできるなどの理由で人気です。また、デスクワークであれば力仕事をする事が無いので、体力面であっても安心なのも理由の一つになります。レストランなどの飲食店も人気で、主婦として家事をこなしてきた経歴から家事の延長線上と考える方が多く、作業なども覚えやすいのが人気の理由です。飲食店ではまかないが出るお店が多いので、金銭面でも出費が抑えられる事も人気の理由にあげられます。自分に合う職種や条件などもハローワークであれば、窓口で職員と相談しながら探す事もできますし、インターネットを利用して探す事もできます。