失敗しないソーシャルレンディング会社比較サイト

ソーシャルレンディングで失敗しないポイント

個人投資家がお金を借りたい企業や個人にファンドを通して貸し出すサービスの事をソーシャルレンディングと呼んでいますが、銀行の預金と比較すると高金利で安定した利益を得られるため、資産運用の方法として注目されています。ファンドの種類は様々でサービスを提供している会社によって異なりますので、投資をする際には事前にしっかりと情報収集を行って選ぶ会社を決めてください。

失敗しないポイントは事前の情報収集をしっかり行うことはもちろんですが、あまりにもメリットが大きいファンドは要注意です。ソーシャルレンディングは株やFXに比べてリスクが少ないと言われていますが、元本割れや貸し倒れのリスクは0ではありません。お金を借りる相手が返済の条件を提示する仕組みになっていますので、あまりにも良い条件の場合は様子を見て避けることも重要です。全体的には安定した投資商品なので、是非資産運用に積極的に活用してください。

申込みの手続きはインターネット上から24時間可能になっていますので、自宅のパソコンからアクセスして手続きを行うのがオススメです。基本的な情報はサイト上にわかりやすく掲載されていますので、事前に必ずチェックした上で進めてください。

みんなのクレジット

公式サイトはコチラ

ソーシャルレンディングという形式の投資が注目されています。これは、資金を求めている団体と、個人の投資家をつなぐサービスで、投資信託などと比較すると高利回りの案件が多く用意されているというメリットがあります。

このサービスを提供する業者で、おすすめは「みんなのクレジット」という業者です。数あるソーシャルレンディング業者の中でも、自社の中での案件に対する審査基準がしっかりしているため、安全性の高い案件しか公表していません。

その中で、利回りが大変大きな案件がたくさん用意されている点が大きな魅力です。投資信託と異なり、各種手数料は必要ないため、大きな利回りが維持されている案件が結構たくさん用意されています。

評価 サービス内容
★★★★★ ★★★★
掲載量 顧客満足度
★★★★★ ★★★★★
利便性
★★★★

ラッキーバンク

公式サイトはコチラ

事業資金を必要としていて、お金を借りたい事業者と投資を行いたい個人とがインターネットを介して結ぶサービスをソーシャルレンディングといいます。投資にはある程度まとまったお金が必要でうが、このソーシャルレンディングは少ない額でできるので、初めてでも比較的始めやすい投資の方法となっています。

ラッキーバンクはソーシャルレンディングの運営を行っている会社です。投資案件が不動産に特化しているのは日本ではこの会社だけです。不動産に特化するということは、その投資案件はより安全性の高いものとなっているということになります。

対象とする不動産の立地条件や規模などを厳密に審査した上で投資案件としているので、安全性も確保されています。口座開設から口座の維持、取引手数料などは無料です。投資を行う最低額は1万円からとなっているので、資産の状況に合わせて始めることができます。

評価 サービス内容
★★★★ ★★★★
掲載量 顧客満足度
★★★★★ ★★★★
利便性
★★★

オーナーズブック

公式サイトはコチラ

不動産投資には興味はあるがリスクを考え二の足を踏む方は少なくはないでしょう。しかし一口1万円から投資が出来るのならどうでしょう。不動産に特化したクラウドファンディング事業のオーナーズブックではソーシャルレンディングによりこれを実現しています。ソーシャルレンディングとは資金の必要な方と投資家をインターネットを通じて橋渡しをするサービスです。

不動産のプロ集団であるオーナーズブックでは厳選された優良案件を多数ご用意しております。投資家となる皆様は利回りとリスクを勘案し応募をしていただきます。応募した案件が目標額に達した時点で投資が成立します。

小額で始める投資ならば低リスクであり続けることで将来少なくないリターンとなるでしょう。年々増えていく税金や年金問題など将来への漠然とした不安の解消をしてみませんか。

評価 サービス内容
★★★★ ★★★★
掲載量 顧客満足度
★★★★★ ★★★
利便性
★★★★★

マネオ

公式サイトはコチラ

お金を借りたい個人や事業者と投資を行いたい個人がインターネットを通じて貸し借りするサービスをソーシャルレンディングといいます。まだ始まったばかりといってもいいくらいの新しい投資で、日本では今後成長が期待されるサービスだといわれています。

マネオは2008年10月にサービスを開始したソーシャルレンディングの運営会社です。最低額が1万円からと少ない額で始めることができます。投資家ひとりあたりの投資額は平均100万円を超えており、現在は日本最大の運営会社となっています。

不動産担保ローンへの出資という安全性が比較的高いファンドをメインに募集してきたため、実績も高くなっているようです。投資するローンはすべてマネオの審査が通ったものなので、貸し倒れのリスクも低いファンドとなっており安全性は高いと言えるでしょう。口座開設、維持の手数料は無料です。

評価 サービス内容
★★★ ★★★
掲載量 顧客満足度
★★★ ★★★★★
利便性
★★★

クラウドクレジット

公式サイトはコチラ

日本における経済活動の低迷している状況は、これからも続いていくことが予想されています。また少子化や高齢化も進行していますので、このままですと年金制度や医療保障制度などの社会保障制度の維持・運営も危ぶまれてきています。とくに将来における金銭面に対する不安を抱えている人たちが増えてきているそうです。

そんな人たちが注目しているのが、資産運用になります。自分たちが所有している資産をただ持っているだけですと、それ以上には増えていきません。積極的に投資活動や運用することで、資産を増やしていくことができます。

とくにここ最近注目されてきているのが、インターネットを通じて投資することができるソーシャルレンディングサービスになります。クラウドクレジットのように世界中の案件に投資することができます。ベンチャー企業などにも積極的に投資することも可能になりますので、より充実度の高い資産運用を行うことが出来ます。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

評価 サービス内容
★★★★ ★★★★★
掲載量 顧客満足度
★★★★★ ★★★★
利便性
★★★★

クラウドバンク

公式サイトはコチラ

これからの資産運用の1つとしてソーシャルレンディングが注目されています。その中でもクラウドバンクは実質平均利回りが6パーセントを超えているのでとても注目されています。クラウドバンクは誰でも手軽に資産運用が出来るように少額から対応しています。

投資金額が1万円から行えるという手軽さはクラウドバンクの最大の特徴かもしれません。クラウドバンクの用意するファンド対象は一部上場企業の案件も非常に多く用意しています。安心して投資できる点もクラウドバンクの魅力の1つです。

通常個人では投資対象として選べなかった大型案件などにもクラウドバンクを利用すれば個人として参加する事も可能です。個人が資産運用を行う上で、クラウドバンクは強い味方となってくれます。

クラウドバンクで資産運用

評価 サービス内容
★★★ ★★★★
掲載量 顧客満足度
★★★ ★★★★
利便性
★★★

まとまったお金が欲しい企業はソーシャルレンディングを活用しよう

まとまったお金を活用していくならソーシャルレンディングでの運用がおすすめです。ソーシャルレンディングは企業が活用していく事業資金を投資家から募っていく投資商品として、広く認知をされてきています。
立ち上げ当初のベンチャーや中小企業の場合には、銀行等からの融資を受けるにしても、あまり実績もなく、気軽に融資の申し込みを受けるわけにもいかないのが普通です。ソーシャルレンディングであれば、資金が必要なベンチャーや中小企業も方も柔軟な資金調達を実現させていくことができます。
また、高利回りな資産運用を探している投資家の方も、ソーシャルレンディングを活用していくことで、短期間での資産構築を実現させることができるようになっていきます。

企業への資金融資という形式ですから、貸倒のリスクがあるのは否めませんが、ソーシャルレンディング業者も、闇雲に貸付対象の企業を選定するわけではありませんから、さほどの心配をすることはありません。
貸付を行う企業経営者に対し、連帯保証人の提供を求めたり、担保の提供を求めるなどの策を講じてはいますので、倒産による貸倒のリスクは殆どありません。貸付の期間も3ヶ月単位と細かな期間設定を行っていますので、長期貸付によるリスクも軽減されているのが、ソーシャルレンディングの特徴でもあります。

繁忙期に事業資金が枯渇していて、利益を上げたくても上げることが出来ないで悩んでいるような企業と、まとまったお金を高利回りで活用していくことを検討している投資家を結びつけていくソーシャルレンディングは、仕組みとしては、従来型のベンチャーキャピタルに似てはいますが、株式公開等を目指さなくても、一般投資家から広く公募を行っていける、新たな資金調達の手段として、多くの経営者の方が利用を始めています。
急速に利用者が増え、市場の拡大を進めるソーシャルレンディングの市場は、多くの企業と投資家の方、双方に対して利益をもたらし続けています。株式やFXに比べ利益を得やすく、リスクも少ないソーシャルレンディングなら、確実な資産構築が実現していくはずです。
投資信託のような運用対象が不明瞭であるわけでもなく、企業への貸付という安定性のある資産運用だからこそ、投資家の方も安心して、まとまったお金を投資していくことができるようになります。銀行の貸し渋りと、長期金利の低迷を背景に確実にソーシャルレンディング市場は拡大を続けていっています。